OASIS会場の様子 OASIS会場の様子 OASIS会場の様子 OASIS会場の様子 OASIS会場の様子 OASIS会場の様子 OASIS会場の様子 OASIS会場の様子
   

OASIS

名  称 OASIS(オアシス)
会  期 大阪 毎年5月下旬
会  場 大阪 OBPツイン21アトリウム (大阪・京橋)
主  催 オアシス実行委員会


1996年に大阪で産声をあげた芸術祭「OASIS」。当初は出展者も国内作家に限られていましたが、1999年の第4回展に初めてスペイン人画家が参加。その後も回を重ねるごとに海外からの参加国や参加者が増え、近年ではフランス、スペイン、モナコ、トルコ、イタリア、ベトナムなどヨーロッパやアジアの個性豊かなアーティストが日本での作品発表を望み、多数参加する国際芸術祭へと発展しています。特にフランスからは、世界最古の公募展「ル・サロン」の主要メンバーが積極的に出展しています。

2005年の第10回展から新たに大阪ユネスコ協会が後援に加わり、会場では「ユネスコ世界寺子屋運動」の支援活動が行なわれました。2011年の第16回展からは、東日本大震災の被災地支援を目的とした特設ブースでのチャリティ展「アーティスト・スクランブル」を開催し、過去3回の売上は総額1,753,311円となり、その全額を寄附しました。

OASIS会場では素晴らしいアート作品を展示する事をメインに、様々なワークショップも開催(2012年は廃材アートづくり、2013年はアラビア書道や子ども向け絵画教室など)。普段はあまりアートと接点のない子どもや大人たちでも、楽しみながらアートを体験できる場を提供してきました。この芸術祭の出展者たちとともに、美術界と社会とをつなぐ活動を続けております。


第22回 OASIS 2017


名  称 第22回 オアシス2017
会  期 大阪展:2017年5月19日(金)〜5月21日(日)
会  場 大阪展:OBPツイン21アトリウム (大阪市・京橋)
主  催 オアシス実行委員会
後  援 文化庁/大阪府/大阪市/大阪市教育委員会/公益財団法人大阪観光局/ モナコ政府観光会議局/NPO法人大阪ユネスコ協会/公益財団法人 関西・大阪21世紀協会/株式会社共同通信社/ホルベイン工業株式会社/ホルベイン画材株式会社/松田油絵具株式会社/株式会社ターレンスジャパン/ユネスコ公認国際美術連盟モナコ公国委員会/アンバサド・アンテルナショナル・デザール/A.M.S.C.
運  営 株式会社 麗人社
総合監修 アルフォンソ・ゴンサレス=カレーロ、アラン・バザール

第22回 OASIS 2017の結果報告



今年も盛況のうちに終了いたしました
名  称 第22回 OASIS 2017
会  期 2017年5月19日(金)〜5月21日(日)
会  場 大阪展:OBPツイン21アトリウム (大阪市・京橋)
主  催 オアシス実行委員会
後  援 文化庁/大阪府/大阪市/大阪市教育委員会/公益財団法人大阪観光局/モナコ政府観光会議局/ NPO 法人大阪ユネスコ協会/公益財団法人関西・大阪21 世紀協会/株式会社共同通信社/ホルベイン工業株式会社/ホルベイン画材株式会社/松田油絵具株式会社/株式会社ターレンスジャパン/ユネスコ公認国際美術連盟モナコ公国委員会/アンバサド・アンテルナショナル・デザール/ A.M.S.C.
協  賛 株式会社パズル
協  力 関西活性化プロジェクト
運  営 株式会社 麗人社
総合監修 アルフォンソ・ゴンサレス= カレーロ
アラン・バザール

 

「社会と美術界の架け橋」でもあるOASIS の役割

2017ポスター

「現代人の渇いた心を、珠玉のアートで潤したい」という想いから1996年にスタートし、今では関西最大級の国際美術展となった「OASIS」。22回目を迎えた今年のOASISでは、日本を中心にフランス、スペイン、モナコの4ヶ国から集まってきた様々なジャンルの素晴らしい作品の数々が、アーティストと鑑賞者、アーティストとアーティストとを国境を越えて繋ぎ、アートによる国際交流を生み出す3日間となりました。 今回の会場は展示壁の色を黒に統一。静かで落ち着いた印象を与える黒の壁が作品を引き立てるため、来場者からは「作品鑑賞に集中できる」「天井が開いた美術館のようだった」と好評でした。

会場では作品の展示以外にも、昨年に続いてワークショップが実施され、気軽にアートを体験しようという老若男女が参加。出展者と来場者が一緒にアートを楽しんでいました。それが、「社会と美術界の架け橋」でもあるOASISの役割でもあり、熱心な美術ファンで盛り上がっていました。会期の3日間すべてが晴天に恵まれ、大勢の来場者で賑わった第22回 OASIS 2017。この一大美術イベントは今年も大盛況のうちに幕を下ろし、既に来年の計画が始まっています。

会場の様子

OASIS公式ポスター

会場壁面に展示されたポスターの様子

出展作品をメインビジュアルとしてデザインした展覧会ポスターは、後援・協力団体の他、様々な広報に使用しましたが、その一環として展覧会場の外壁にもディスプレイしました。会場内に足を踏み入れなくても多くの作品を一望できるその眺めは圧巻で、OASISのことを知らずにこのビルを訪れた人たちが、ふと目にしたこの光景に興味を引かれている場面も度々見かけられました。ポスターで見た作品が気に入って、本物に触れたいと会場を訪れる来場者も少なくなかったようです。

みつろうクレヨンワークショップの様子

5月20日・21日の2日間、会場の中央で「みつばちが見た世界」をテーマに、塗り絵や作品制作などの体験ができるワークショップを開催しました。画材メーカーのホルベインに提供していただいた「みつろう」(口紅やガムなどにも利用されるみつばちの巣の原料である天然のロウ)が素材の、子どもたちに安全な「みつろうクレヨン」を使し来場者に楽しんでいただきました。

子どもから大人まで、老若男女問わず来場者たちの多くが興味を示し常に満席。最終日にはたっぷり用意していた塗り絵の用紙がなくなるほどの盛況ぶりを見せました。

ワークショップの様子

OASISの報道記録(抜粋)

報道の記録

総 評

会期終了後、総合監修を務めたアルフォンソ・ゴンサレス=カレーロ氏とアラン・バザール氏、そしてスペイン側出展者のコーディネート役であるカルメン・アラゴン氏にこの展覧会についての感想を聞きました。世界的な美術のプロの目には、今回のOASISがどう映ったのでしょうか?。

総評 アルフォンソ・ゴンサレス=カレーロ氏
OASIS総合監修者/美術鑑定士、ギャラリスト、スペイン美術評論家協会会員、A.M.S.C.スペイン本部評議委員長

今回のOASISは、例年よりも更に良い展覧会であったと思います。新しい参加者も増え、新たな風が吹いているように感じました。日本側の出展作品の質も上がっています。大きな駅から近いという立地、そして広いスペースなど、会場についても申し分ありません。1回あるいは数回程度で終わる美術展覧会が多い中、このOASISは22回も続いてきました。美術の世界で、これは本当に難しい事です。声を大にして自慢しても良いのではないでしょうか。
   
総評 アラン・バザール氏
OASIS総合監修者/画家、フランス芸術家協会(ル・サロン)絵画部門代表、A.M.S.C.メンバー

OASISはとても洗練された展覧会であり、あらゆるジャンルの作品が出展されていたことは良かったですね。美術書籍『Art Maison International』の中で過去に私が論評した作品の実物に出会えて、大いに感激しました。
評論文を書く際に見た資料より、もっと良い印象を実際の作品から受けたほどです。個人的には書のいくつかの作品が印象的でした。活き活きとした生命力が感じられ、フランス人の私から見ても、とても優美だと思います。
   
総評 カルメン・アラゴン氏
画商、写真家、スペイン美術評論家協会会員、A.M.S.C.メンバー

OASISには毎年スペイン側アーティストのコーディネーターとして参加してきましたが、今年の展示はここ数年で最も良かったです。背景が黒いパネルに変わったことで、作品自体がよりはっきりと見え、その世界の中に入り込みやすくなりました。建物の上の階から会場全体を見渡すと、開放的な美術館になったように感じます。作品のクオリティも上がりました。今回のスペイン側のアーティストは女性だけに絞ってみましたが、いかがでしたでしょうか?



 

 

PAGETOP