モナコ・日本芸術祭 
about "RENCONTRE ARTISTIQUE MONACO-JAPON"

会  期 毎年3月上旬頃
会  場 国立・レニエ3世オーディトリアム

1997年7月、モナコ建国700年を祝う事業として、モナコ政府とエールフランス航空主催で開催された総合文化イベント「Le JAPON à MONACO(モナコの中の日本)」の中で、「麗人社美術展」を開催した事がモナコ公国と麗人社との出会いでした。そこから途絶えることなく、モナコ政府機関と麗人社の合同事業として両国の交流展が続きました。

約20年に渡り世界各国で多くの文化交流展を開催している麗人社ですが、これほど長く続いている国はモナコだけであり、麗人社にとっては特別な国。そこには大きな理由があります。それはモナコ側が心から喜んで日本を受け入れてくれるから、そして現地主催者である政府要人が、人間的な暖かい協力体制で我々をサポートしてくれるからなのです。


第11 回モナコ・日本芸術祭 201711 ème RENCONTRE ARTISTIQUE MONACO-JAPON 2017

会  期 2017年2月24日〜26日
会  場 国立レニエ3世オーディトリアム
主  催 モナコ公国文化庁/モナコ公国政府観光会議局
共  催 ユネスコ公認国際美術連盟モナコ公国委員会/株式会社 麗人社

 

セレモニー

風光明媚なコートダジュールで、現代日本の美術を紹介するためのイベントが始まったのは1992年のこと。 1995年に開催された「第4回カンヌ日本文化フェスティバル」に、株式会社麗人社は日本の芸術家と共に参加しました。それが、現在の「モナコ・日本芸術祭」にまで繋がるすべての発端です。 今や、モナコ・モンテカルロにおける早春の一大芸術イベントとして現地の人々の間に定着した「モナコ・日本芸術祭」。 2017年の第11回展開催に向け、現地では政府関係者、美術関係者はもちろんのこと、マスコミや一般市民からも大きな期待が寄せられています。今回、日本側アーティストの作品が、遠く離れたモナコの地でどのように迎えられるのでしょうか。

現代日本には伝統的な日本画や水墨画、書から、西欧の影響を受けた洋画まで多種多様なジャンルの美術作品が存在し、それぞれに隆盛を誇っています。その現代日本の美術の姿をモナコの人々に知らしめてきたのが、「モナコ・日本芸術祭」に出展する日本側アーティストたち。いわば“芸術文化使節”として、現地側出展団体であるユネスコ公認国際美術連盟モナコ公国委員会のアーティストなど現地の人々と積極的に交流し、芸術によるモナコと日本両国の親善に貢献していただける事を願っています。


 

〜モナコ日本国交樹立10周年記念事業〜第10回モナコ・日本芸術祭2016の模様10ème Anniversaire des Relations Diplomatiques Monaco-Japon 10ème RENCONTRE ARTISTIQUE MONACO-JAPON 2016

会場集合写真
会  期 2016年2月12日〜14日
会  場 国立レニエ3世オーディトリアム(美術展部門)/テアトル・デ・ヴァリエテ(舞台部門)
主  催 モナコ公国文化庁/モナコ政府観光会議局
共  催 ユネスコ公認国際美術連盟モナコ公国委員会

 

セレモニー

2016年は、駐日モナコ公国大使館・総領事館が日本に置かれるようになった 「モナコ日本国交樹立」から10周年。また、現代日本の美術をモナコで紹介し、両国の国際交流を図る「モナコ・日本芸術際」が始まって10年目でもあります。この記念すべき第10回展初日の2月12日(金)午後5時よりオープニングセレモニーが催されました。この芸術祭のために、モナコ公国政府関係者などの来賓や日本・モナコ両国のアーティスト、多くの招待客や一般来場者が、国立レニエ3世オーディトリアムに集結。多くの人々が2つの10周年を祝うとともに、両国のこれからの友好と、さらなる交流の進展を願っていました。

会場の様子

今年で10回目を迎えた「モナコ・日本芸術祭」。早春のモナコを彩るアートイベントとして現地でもその存在は知れ渡っており、モナコおよび近郊に住む多くの美術ファンが、その開催を心待ちにしていたようです。例年以上に多くの人々が間断なく会場に詰めかけ、めったに観ることのできない現代日本の美術作品を熱心に鑑賞している人々の姿が目立った本展。また、出展作家資料として会場に備えられたPRファイル(ポートフォリオ)や現代日本人芸術家の作品を集めた美術書籍「Art Maison International」を手にする方も大勢いらっしゃいました。

舞台部門の様子

舞台部門及びワークショップの様子

会期2 日目の2 月13 日(土)午後5 時からは、テアトル・デ・ヴァリエテで舞台部門の公演がおこなわれました。最初に登壇したのは、欧米など海外公演の経験も多い邦楽グループ『青木畝堂と四方の会』。 尺八、琴がそれぞれ表に出るパートや、唄が入る曲、静かなメロディーの曲などバラエティに富んだ演奏に、観客は聴き入っていたようです。舞踊劇「ジャポネスク今昔~ニッポン薩摩の民俗芸能の変遷~」を上演した『夢飛行プロジェクト』も、数々の海外公演を果たしてきた劇団。歌舞伎に神事や日本舞踊、さらにJ-POP のダンスショーなどを取り混ぜた構成は、まさに伝統から現代までの日本を表現していました。また、今回はモナコ・オーエリオヴィジュアル・アーカイブの協力により、この日20 時30 分より是枝裕和監督の日本映画「海街diary」が上演されました。『花で巡るモナコ公国実行委員会』は、レニエ3 世オーディトリアムで2 日目に抹茶席を設け、3 日目にプリザーブドフラワーのワークショップを実施。会場に日本らしさを振りまきました。



美術展部門:国立レニエ3世オーディトリアム

前大公レニエ3世の名を冠するこの会場は、地中海の美しい海とF1グランプリコースに面した国立の複合施設。有名なモンテカルロフィルハーモニー管弦楽団専用のコンサートホールも備えており、モナコ公国の公式行事が多数開催される高い格式を誇る建物です。


舞台部門:テアトル・デ・ヴァリエテ

舞台部門の会場となる「テアトル・デ・ヴァリエテ」も、F1グランプリのコースに面しています。この劇場では、管弦楽団のコンサートやバレエ、ダンスパフォーマンスが行われるほか、映画の上映や朗読会など、多目的に利用されています。


PAGETOP